Core More !

療育とは

Core More ! 療育とは
HOME

療育とは

CONCEPT

療育とは

療育とは?

療育とは障がいのある子どもたちが、
社会的に自立できるようにする為に行う治療、教育です。

障がいのある子ども達に対し、身体的・精神的機能の適正な発達を促し、日常生活及び社会生活を円滑に営めるようにする治療、教育です。
また、子ども達のそれぞれの障がいの特性をできる限り改善して、生かせる長所は伸ばしていくように、福祉的、心理的、教育的、医療的な面で支援も行います。

ただ、療育を行って、みんなに追いつかせるというものではございません。
将来、その子なりのやりたいことを見つけ、自分らしく生きることを支えていく為の基礎を作るのが「療育」です。

その基礎を作る為にもまずは、障がいの特性を改善し、且つ子ども達自身がその特性を理解するということも大切です。

その特性を理解のないまま成長していくと、非難を受けたり、叱られたりする機会が増え、本人も親御さんも傷つき自信をなくしてしまうケースが多く見られます。
そこから、自尊心が育ちにくい、抑うつ、激しい反抗などの問題が生じる場合もあります。

子ども達が小さいうちから特性を理解して、心を安定させながら育てる環境を作ることによって、その子が持っている能力をさらに伸ばしていける可能性は広がります。

療育とは?

親御さんにとって「療育」に通うメリット

メリット1

メリット1

子ども達、ひとりひとりに合わせて無理なく発達できる手立てをサポートしてもらえる。

メリット2

メリット2

遊びやアート、課題などで「できた!」と思える感覚や経験から子どもたち自身の自己有能感を高められ、自信がつくようになる。

メリット3

メリット3

子どもの特性を専門家から説明してもらい、その特性について理解を深められ、接し方、心理的不安を軽減できる。

メリット4

メリット4

同じ悩みをもつ親御さんの仲間が見つかり、子育てについて互いの悩みを相談し合えるようになる。

子どもに合わせた支援を目指すために、
Core Moreでは個別支援を大切にしています。

小集団を利用した支援を行いますが、小集団がお子様にとって有効だとスタッフより提示させていただくか、ご本人とご家族のご希望があった場合に、ご契約中の利用者様の中より同様のご希望のある方が複数集まった場合に実施致します。
集団や活動ありきではなく、お子様中心に行う方針でおります。
集団支援は、あくまでも個別支援の合同活動という位置づけで実施していきたいと考えています。